ブルーベルは「認知症の人が不利益を受けない社会をつくる」という理念で活動をしています。

この理念のもと、函館市における事業を「はこだて認知症ケアプラス」と名付けました。はこだて認知症ケアプラスでは「函館に住むすべての人が“認知症”によって不利益を受けない」ことをコンセプトにしています。

 

主な活動の軸は3つになります。

①専門職の質の向上

・介護施設向けの講座
・専門職向けの勉強会
・専門職同士の情報交換
など

②介護家族の支援

・介護家族向け勉強会
・介護家族の相談会
など

③市民への働きかけ

・市民向けの情報発信
など

 

私一人の力では限界があります。たくさんの人たちの力を借りて、大きな力にしていきたいと考えています。

 

ブルーベル代表
市村幸美